ヘモグロビンA1c 数値6.0

健康診断の結果表が届きました。

ちょっと、気になった数値を調べて見ました

ヘモグロビンA1c 数値6.0

基準値は5.5以下

詳しい記事を見つけました


食後の血糖値

異常がない人のHbA1c値は5.3%(NGSP値)以下です。

(私の場合、以前は5.4でした。)

HbA1c値が5.4-5.9%の状態を放っておくと、
半数以上の人が数年以内にHbA1c値が6.0~6.9%となるようです。

そうなると
本格的な糖尿病と診断される状態に発展します。

膵(すい)臓のβ細胞がインスリンを出す力は年齢とともに落ちるそうです。

境界型糖尿病と言われる段階で、すでに膵臓のβ細胞がインスリンを出す力は弱り始めている場合が多いそうです。
正常な場合であっても、現在多くの負担がかかっています。
その後すぐに低下する可能性が高いようです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。